神話や物語が由来の企業名たちCompany names from which myths and stories are derived

キャプチャ.PNG

ベルギーのチョコレートメーカー:ゴディバ
Lady Godiva by John Collier
キャプチャ.PNG
日本国内では高級チョコレートメーカーで知られる「ゴディバ」は、
11世紀イングランドに実在したと言われる
ゴダイヴァ夫人を社名とロゴマークの由来。
このエピソードはゴディバ社の公式サイトでも紹介。

ゴディバのエピソード。
コラム|GODIVA
高級チョコレートブランドとして世界中で愛され続けている
「ゴディバ」の名の由来、レディゴディバ(レディゴダイバ)に
まつわるエピソードをご紹介します。
"Godiva", known as a high-end chocolate maker in Japan, is
It is said to have existed in 11th century England
The origin of the company name and logo mark of Lady Godiva.
This episode is also introduced on Godiva's official website.

Godiva episode.
Column | GODIVA
Continues to be loved around the world as a luxury chocolate brand
The origin of the name "Godiva", Lady Godiva (Lady Godiva)
Introducing related episodes.

ゴダイヴァ夫人は
「夫レオフリックの圧政を諌めるためコヴェントリーの街を裸で行進した」
という伝説がある人物で、美しく清い心を持った女性として、
その名を残しています。
この伝説は歴史家たちに否定されていますが、
敬虔深い信者だったことは間違いないようです。
ゴディバの創始者ジョセフ・ドラップスと妻ガブリエルは、
ゴダイヴァ夫人の勇気と深い愛に感銘し、企業名として名付けたそうです。
Lady Godiva
"I marched naked in the city of Coventry to give up on
my husband Leofric's oppression."
As a person with a legend, as a woman with a beautiful and pure heart
I have left that name.
This legend has been denied by historians,
There seems to be no doubt that he was a devout believer.
Godiva's founder Joseph Draps and his wife Gabriel
He was impressed by Mrs. Godiva's courage and deep love,
and named her as a company name.

キャプチャ.PNG
ジョン・コリア作「ゴダイヴァ夫人」。
1898年頃の作品
"Lady Godiva" by John Collier.
Works around 1898

ゴダイヴァ夫人(Lady Godiva、990年頃 - 1067年9月10日?)は、
11世紀イングランドの女性。英国伯レオフリックの夫人で、
自身も後に領主となった。
夫レオフリックの圧政を諌めるためコヴェントリーの街を
裸で馬に乗って行進したという有名な伝説が残っているが、
中世を専門とする歴史家の見解は、
これは史実ではないことで一致している。
同時代頃の偽イングルフの年代記によれば、ゴダイヴァは
「美しいかぎりの、聖い心もちの女性」であったといわれる。
ベルギーのチョコレートメーカー「ゴディバ」のブランド名
およびそのロゴはゴダイヴァ夫人の伝説に由来する。
なおチョコレートブランドの日本語の表記と発音は
「ゴディバ」とすることが多い。
Lady Godiva (c. 990-September 10, 1067?)
11th century English woman. Mrs. Leofric, Earl of England,
He later became a lord.
The city of Coventry to give up on the oppression of her husband Leofric
There is a famous legend that he marched naked on a horse,
The view of a historian who specializes in the Middle Ages is
This is consistent with not being historical.
According to the chronicles of fake Inglef around the same time, Godiva
It is said that he was "a woman with a holy heart as long as she was beautiful."
Brand name of Belgian chocolate maker "Godiva"
And its logo comes from the legend of Lady Godiva.
The Japanese notation and pronunciation of the chocolate brand
Often referred to as "Godiva".

キャプチャ.PNG
コヴェントリーの行事で展示された
ピーピング・トムの木像。
W. Reader (1826年の投稿記事)のスケッチ
Exhibited at a Coventry event
A wooden statue of Peeping Tom.
Sketch of W. Reader (posted in 1826)
キャプチャ.PNG
ウィリアム・レイド・ディック卿による
ゴダイヴァ夫人の騎馬像
By Sir William Raid Dick
Equestrian statue of Lady Godiva
キャプチャ.PNG
天蓋に覆われた騎馬像
Equestrian statue covered in a canopy
キャプチャ.PNG
2008年10月に天蓋が撤去された後の騎馬像
Equestrian statue after the canopy was removed in October 2008
キャプチャ.PNG
コヴェントリーのブロードゲイトハウス
(市庁舎)の塔に設置されているゴダイヴァ時計
Broadgate House in Coventry
Godiva clock installed in the tower of (city hall)
キャプチャ.PNG
ゴダイヴァ時計の詳細 
ピーピング・トムが見下ろしている。
Details of Godiva watch
Peeping Tom is looking down

伝説
英米で広く信じられている漠然とした伝説は、
領民に対して情けぶかい夫人が、理不尽な夫に難癖をつけられて
素裸で長髪をなびかせ馬に乗って町内を横断する羽目になり、
町人は夫人に恩義を感じて目をそむけ野次馬を差し控えたのだが、
ただ一人、トムという男が盗み見たため、
以来、ピーピング・トムといえば覗き見をする人間の代名詞となった、
というものであるが、
このうちどの部分がどのように成立したかを以下に説明する。

この伝説については、ロジャー・オブ・ウェンドーヴァー(英語版)
(1236年没)の年代記、『歴史の花(英語版)』が
もっとも簡素かつ最古とされる典拠であるが、
それは次のような記述である:
Legend
The vague legend that is widely believed in Britain and the United States is
A compassionate wife for the territory is struck by an unreasonable husband
Naked, long hair fluttering, riding a horse and crossing the town,
The tradesman felt gracious to his wife and turned away
from him, but he withheld the rubbernecker.
Because the only man named Tom snooped on it
Since then, Peeping Tom has become synonymous with peeping humans.
But
Which part of these was established and how it was
established will be described below.

About this legend, Roger of Wendover
Chronicle of (died in 1236), "Flowers of History (English version)"
The simplest and oldest authority,
It has the following description:

伯爵夫人ゴダイヴァは聖母の大そうな敬愛者で、
コヴェントリーの町を重税の苦から解放せんと欲し
、たびたび夫に対して祈願して(減税を)迫った。
…伯爵はいつもきつく叱りつけ、二度とその話はせぬよう窘めたが、
(それでもなお粘るので)ついに
「馬にまたがり、民衆の皆がいるまえで、裸で乗りまわせ。
町の市場をよぎり、端から端まで渡ったならば、
お前の要求はかなえてやろう」と言った。

ゴダイヴァは「では私にその意があればお許し頂けますのですね?」
念をおしたが、「許す」という。
さすれば神に愛されし伯爵夫人は、髪を解きほどき、髪の房を垂らして、
全身をヴェールのように覆わせた。
そして馬にまたがり二人の騎士を供につけ、
市場を駆けてつっきったが、
その美しいおみ足以外は誰にも見られなかった。
そして道程を完走すると、
彼女は喜々として驚愕する夫のところに舞い戻り、
先の要求を叶えた。
レオフリク伯は、コヴェントリーの町を前述の役から免じ、
勅令(憲章)によってこれを認定した。
Lady Godiva is a great admirer of Our Lady,
I want the town of Coventry to be free from the pain of heavy taxes
, I often prayed to my husband and urged him to reduce taxes.
… The Count always scolded him tightly and asked him not to talk about it again,
(Because it's still sticky) Finally
"Ride on a horse and ride naked before all the people are there.
If you cross the town market and cross from end to end
I'll fulfill your request. "

Godiva said, "Then, can you forgive me if you have that intention?"
As a reminder, he says "forgive."
Then the Countess, loved by God, untied her hair and hung her hair.
I covered my whole body like a veil.
And he straddled the horse and accompanied two knights,
I ran through the market, but
No one could see anything other than its beautiful legs.
And when you finish the journey,
She gladly returns to her astonished husband,
I fulfilled my previous request.
Count Leofrik exempts the town of Coventry from the aforementioned roles,
This was recognized by the Edict (Chart).

ロジャーの『歴史の花』よりも広く書写された中世時代のベストセラーに、
同じ僧院の後輩マシュー・パリス(英語版)による補訂版ともいうべき
『大年代記(英語版)』があるが、その記述も上と大差はなく、
誰にも見られなかったことを伯爵が
「奇跡だと感じ入った」という部分のみが誇張である。
トマス・パーシー司教(英語版)のフォリオ写本
(1650年頃の写本)所収のバラッドの一篇
「レオフリクス」(Leoffricus)では、
伯爵はすでに市民に対し免税優遇策を施してはいたが、
ただ「馬税」だけがいまだ徴収されていたので、
妻のゴダイヴァ (Godiva) が、更にその撤廃を嘆願した。
ゴダイヴァは、裸で馬乗りすることを命じられた日を指定して、
町内中の役人に通知すると、役人たちは彼女の意を汲み、
町民たちに命じて、
「その日は家にこもって戸も窓も締め切るように」と言いつけた
(町民に屋内に閉じこもれという発令がされるのは、
このバラッドが初だという)。
A medieval bestseller that was more widely copied than
Roger's "Flowers of History"
It should be called a revised version by Matthew Paris, a
junior of the same monastery.
There is "Great Chronicle (English version)", but
the description is not much different from the above,
The Count said that no one could see it
Only the part that "I felt it was a miracle" is exaggerated.
Folio manuscript of Bishop Thomas Percy
(Manuscript around 1650) In one of the ballads "Leoffricus" in the collection,
The Count had already given tax exemption incentives to the citizens,
However, only the "horse tax" was still collected, so
His wife, Godiva, further pleaded for its abolition.
Godiva specified the day when she was ordered to ride naked,
When I notified the officials in the town, the officials took her will and
Command the townspeople,
"Let's stay home and close the doors and windows that day," he said.
(The fact that the townspeople are told to stay indoors is
This ballad is said to be the first).

また、「裸で」という言葉の解釈にも諸説あり、
「長い髪が効果的に体を隠していた」
「下着のようなものは身に着けていた」
「貴族の象徴である装飾や宝石類を外した
格好だったことを『裸で』と言い表した」など複数の説がある。
ただし、彼女の時代の"naked"という語は
「いかなる衣服も身につけず」という文字通りの意味であり、
それ以上の比喩的な使い方があったわけではなく、
後付的な解釈である感も否めない。
また、領民のためではなく自らの懺悔のために行ったという説もある。
There are also various theories about the interpretation of the word "naked".
"Long hair effectively covered my body."
"I wore something like underwear."
"I removed the decorations and jewelry that are the symbols of the aristocrats.
There are multiple theories, such as "I described what I was dressed as" naked. "
However, the word "naked" in her time
It literally means "don't wear any clothes"
There was no more figurative use,
I cannot deny the feeling that it is a retrofit interpretation.
There is also a theory that he went not for
the people but for his own confession.

ピーピング・トム (伝説)

町衆みんなが守った礼儀にさからって、
一糸まとわぬゴダイヴァ夫人をただひとり覗き見したという
ピーピング・トム伝説は、
文学作品から広まった形跡はない。
これは17世紀以降、コヴェントリー地域の巷に出現した伝説である。
1826 年に投稿された W. Reader という地元通の記事によれば、
夫人をのぞき見した仕立屋がいたという伝説はそのころすでに定着しており、
町をあげての恒例の祭り (Trinity Great Fair 現今en:Godiva Festival) では、
ゴダイヴァ夫人に扮した人が行列に参列し (Godiva processions)、
街角には「ピーピング・トム」と
呼ばれる木像が置かれるしきたりであった
Peeping Tom (Legend)

Because of the courtesy of all the townspeople
It is said that he was the only one who peeked at Mrs.
Godiva who did not wear a thread.
The legend of Peeping Tom
There is no evidence that it has spread from literary works.
This is a legend that has appeared in the streets of the
Coventry region since the 17th century.
According to a local article called W. Reader posted in 1826,
The legend that there was a tailor who peeked at his
wife was already established at that time.
At the annual Trinity Great Fair (now en: Godiva Festival),
A person dressed as Lady Godiva attended the
procession (Godiva processions),
"Peeping Tom" on the street corner
It was customary to place a wooden statue called

同記事の筆者は、この木像の甲冑・異称などから、
それがチャールズ2世(1685年没)時代頃のものと推定する。
また、古物収集家ウィリアム・ダグデール(英語版)
(1686年没)が、その巨著らのなかで
「のぞき野郎」のことにひとことも触れていないことから、
伝説の発祥はその後と結論した。
ゴダイヴァ夫人の行進の行事が初めて開催されたのは1677年であるが、
翌1678年にはジェームズ・スウィナートンという
男の子がゴダイヴァ夫人役だったという。
The author of this article is based on the armor and
nickname of this wooden statue.
It is estimated that it was around the time of Charles II (died 1685).
Also, antique collector William Dugdale.
(Death in 1686), but among the giant books
Because I didn't mention a word about "Peeping guy"
It was concluded that the legend originated after that.
The first Lady Godiva march event was held in 1677, although
The following year, in 1678, it was called James Swynnerton.
It is said that the boy played the role of Lady Godiva.
文献における「覗き男」登場の経緯はどうかというと、
これは『英国人名事典 (DNB 1890) 』に詳しい。
まず歴史家ポール・ド・ラパン=トワラ(英語版) (1732年)が
ルポタージュする地元事情によれば、戸窓を閉めきって見るな、
死罪に処すぞ、ときついお達しがあったのにのぞき見した男がおり、
そいつは命で償ったというのが町の言い伝えであり、
町ではこの故事を記念し、
男の像が一軒の家の窓から外を覗くように飾ってあると報告する。
How did the "peeping man" appear in the literature?
This is detailed in the Dictionary of National Biography (DNB 1890).
First, the historian Paul de Rapin-Towara (1732)
According to the local circumstances of the reportage,
do not close the door window and look at it.
I'm going to be guilty of death, there is a man who
peeks at me even though I've reached him
It is a legend of the town that it was compensated by life,
To commemorate this event in the town
Report that a statue of a man is adorned to look out
through the window of a house.
次にトマス・ペナント『チェスターからロンドン』( 1782 年)によれば、
のぞき見したのはとある仕立屋だったとし、ゴダイヴァ夫人の行進では、
ゴダイヴァ役が、むろん全裸ではないが、
四肢にぴったり合わせた純白の絹衣をまとうとしている。
英国人物事典によれば、「ピーピング・トム」が名指しで
文書に登場する最古例はコヴェントリー市の公式年代記
(1773年6月11日付)で、木偶に新しいかつらと塗料が支給された記録である。
このほか、覗き男の名がアクティオン(?)(Action) で
あったという1700年以前の書簡があるという。
トム(トーマス)という名はアングロサクソン名ではないので、
実在のゴダイヴァ夫人の時代の領民の名としては
ありえないことが指摘されている。
またトーマスはこののちに天罰がくだって盲目にされた、
あるいは住民によって視力を奪われてしまったとも伝えられる。
Then, according to Thomas Pennant, Chester to London (1782),
It was a tailor who peeked at, and at Lady Godiva's march,
The role of Godiva is, of course, not naked,
I'm trying to wear a pure white silk garment that
fits perfectly on my limbs.
According to the British Biographical Dictionary, "
Peeping Tom" is by name
The oldest example in the document is the official
chronicle of the city of Coventry.
(June 11, 1773), it is a record that a new wig and paint
were provided to a wooden figure.
In addition, the name of the peeping man is Action (?) (Action).
It is said that there was a letter before 1700 that it was there.
The name Tom (Thomas) is not an Anglo-Saxon name,
As the name of a real territory in the time of Lady Godiva
It has been pointed out that it is impossible.
Also, Thomas was later blinded by the punishment.
It is also reported that the residents have lost their eyesight.

ピーピング・トム (俗語)
ピーピング・トム (Peeping Tom) は英語の俗語で、
覗き魔のこと。
ゴダイヴァ夫人の裸身を覗き見た上記の男の名に由来する。
日本語の同意の俗語「出歯亀」(でばがめ)に相当。

史実
マーシア伯レオフリック( -1057年)の妻。
名前の綴りは一定してしない。
アングロサクソン名は Godgifu または Godgyfu であり、
これはgood giftを意味する[18]。Godiva はラテン語風の綴りである。
イーリー大聖堂年代記 Liber Eliensis (12世紀末) によれば、
ゴダイヴァという名の伯爵未亡人が1028-9年頃、
死期を悟り同寺院に土地を寄贈したとあるが、
もしこれと同一人物であるとすれば、
その彼女が病状から回復して、
そののちにレオフリックと再婚したことになる。
Peeping Tom (slang)
Peeping Tom is an English slang term,
It's a peeping demon.
It comes from the name of the man mentioned
above who peeked into Lady Godiva's naked body.
Equivalent to the Japanese consent slang word "debagame".

Historical facts
Wife of Leofric (-1057), Count of Mercia.
The spelling of the name is not constant.
The Anglo-Saxon name is Godgifu or Godgyfu,
This means a good gift [18]. Godiva is a Latin-style spelling.
According to the Ely Cathedral Chronicle Liber Eliensis
(end of the 12th century)
A widow of the Count named Godiva, around 1028-9,
It is said that he realized his death and donated the land to the temple.
If you are the same person,
That she recovered from her medical condition,
After that, he remarried Leofric.

レオフリックもゴダイヴァも共に信仰活動に熱心であった。
ロジャー・オブ・ウェンドーヴァーによれば、
レオフリック伯が1057年に死去したとき、
みずから建立したコヴェントリーの修道院に埋葬されたが、
この建立は妻であるゴダイヴァ伯爵夫人の助言によるものであったという。
このベネディクト会修道院、聖メアリーの小修道院(英語版)は、
1043年に設立されたが、修道院解散令(英語版)に廃院となった 。
下って1050年代には、
ウスター市の聖メアリー修道院 (St Mary's Priory) への土地の寄進状において、
またリンカンシャー州のストウ村の聖メアリー教会(英語版)
(Minster Church of St Mary, Stow in Lindsey)の建立勅令にも、
ゴダイヴァ(Godgife)の名がレオフリックの名と連記されている 。
さらに夫妻の名前はレオミンスター、チェスター、
マッチウェンロック、
エヴェシャムの教会堂の後援者として記録されている。
Both Leofric and Godiva were enthusiastic about
their religious activities.
According to Roger of Wendover
When Count Leofric died in 1057
He was buried in a monastery in Coventry that he built himself,
It is said that this erection was on the advice of his wife, Lady Godiva.
This Benedictine Monastery, St. Mary's Priory, is
Established in 1043, it was abandoned due to the
dissolution of the monastery.
Down in the 1050s,
In a land donation to St Mary's Priory in Worcester
Also, St. Mary's Church in Stowe Village, Lincolnshire.
(Minster Church of St Mary, Stow in Lindsey)
The name of Godiva (Godgife) is linked with the name of Leofric.
Furthermore, the names of the couple are Leominster, Chester,
Much Wenlock,
Recorded as a patron of the Evesham patronage.

1057年にレオフリックと死別した後、
未亡人としてノルマン・コンクエスト後まで生き延びた。
ウィリアム1世による検地台帳「ドゥームズデイ・ブック」には、
ノルマン人によるイングランド征服後もわずかながら残った
アングロサクソン人領主の一人として、
また唯一の女性領主として記されている。
ただし土地調査が行われた1086年には既にゴダイヴァは
死去していたとする説もあり、
1066年から1086年の間に死去したとする説、
1067年9月10日をゴダイヴァの命日とする説など諸説ある。
また、ゴダイヴァの墓所についても、
夫の隣に埋葬されたとする説、
すでに現存しないエヴェシャムの教会に
埋葬されたとする説など諸説ある。
After bereavement of Leofric in 1057
Survived as a widow until after Norman Conquest.
William the Conqueror's land survey ledger "Domesday Book"
Slightly remained after the Norman conquest of England
As one of the Anglo-Saxon lords
It is also listed as the only female lord.
However, by 1086, when the land survey
was conducted, Godiva was already
There is also a theory that he was dead,
The theory that he died between 1066 and 1086,
There are various theories such as the theory that
September 10, 1067 is the anniversary of Godiva's death.
Also, about Godiva's graveyard
The theory that he was buried next to her husband,
There are various theories such as the theory that it
was buried in the church of Evesham, which no longer exists.

これらの史実から、コヴェントリーの街を裸で
馬に乗って行進したという有名な伝説は
事実ではないというのが歴史家の見解である。

コヴェントリーとゴダイヴァ夫人

コヴェントリーはゴダイヴァ夫人の故事で有名であり、
2018年に制定された市の新しい旗は馬に乗った
ゴダイヴァ夫人のシルエットになっている。
市の中央広場であるブロードゲイト(Broadgate)には、
ウィリアム・レイド・ディック(英語版)
卿(1878-1961)によって彫られ、
1949年10月22日に当時のアメリカ合衆国大使夫人の
ダグラス夫人によって除幕されたゴダイヴァ夫人の騎馬像がある。
From these historical facts, the city of Coventry is naked
The famous legend of marching on a horse
It is the historian's view that this is not the case.

Coventry and Lady Godiva

Coventry is famous for the story of Lady Godiva,
The city's new flag, enacted in 2018, rode a horse
It is the silhouette of Lady Godiva.
In Broadgate, the city's central square,
William Raid Dick
Carved by Lord (1878-1961),
On October 22, 1949, of the then wife of the United States Ambassador
There is an equestrian statue of Lady Godiva unveiled by Mrs. Douglas.

位置は、北緯52度24分28.95秒 西経1度30分37.41秒である。
像の寄進者はコヴェントリーの企業家であった
W. H. バセット=グリーン (1870-1960)であり、
像の台座後面にそのことが明記されている。
彼は当時の20,000ポンドをかけて
像の制作を1937年にディック卿に依頼し、
像は1944年に完成していた。
像の正式の名称はSelf Sacrifice(「自己犠牲」の意であり、
像の台座正面に刻印されている。)であるが、
通常はLady Godiva Statueと呼ばれている。
その後、この騎馬像の上空にテント式の天蓋(en:canopy)が設置されたが、
市民の評判が悪いこともあり、2008年10月に撤去された]。
さらにその後、騎馬像を囲むフェンスも撤去された。
The location is 52 degrees 24 minutes 28.95 seconds north
latitude and 1 degree 30 minutes 37.41 seconds west longitude.
The donor of the statue was an entrepreneur in Coventry
W. H. Bassett-Green (1870-1960),
This is clearly stated on the back of the statue's pedestal.
He spent £ 20,000 at the time
Asked Sir Dick to make the statue in 1937.
The statue was completed in 1944.
The official name of the statue is Self Sacrifice
(meaning "self-sacrifice",
It is engraved on the front of the pedestal
of the statue. )In Although,
Usually called Lady Godiva Statue.
After that, a tent-type canopy (en: canopy) was
installed above this equestrian statue.
It was removed in October 2008 due to the bad
reputation of the citizens.]
After that, the fence surrounding the equestrian
statue was also removed.

騎馬像の台座の側面にはアルフレッド・テニスンによる
次の詩が刻まれている。
By Alfred Tennyson on the side of the equestrian statue pedestal
The following poem is engraved.

馬の進行方向左側の台座
:The pedestal on the left side in the direction of travel of the horse:

GODIVA/SHE RODE FORTH CLOTHED ON WITH/CHASTITY
THE DEEP AIR LISTEN D ROUND/HER AS SHE RODE AND
ALL THE LOW WIND/HARDLY BREATHED FOR FEAR/Tennyson

馬の進行方向右側の台座
:The pedestal on the right side of the horse's direction of travel:

GODIVA/THEN SHE RODE BACK CLOTHED
ON WITH/CHASTITY SHE TOOK THE TAX AWAY AND/BUILT
HERSELF AN EVERLASTING NAME/Tennyson
騎馬像の南に当たるBroadgate House(市庁舎)の塔には、
1953年に設置された
ゴダイヴァ時計(Godiva Clock)という仕掛け時計がある。
毎正時に白馬に跨がったゴダイヴァ夫人が現れ、
それを上からピーピング・トムが覗くという仕掛けになっている。
ゴダイヴァ夫人の騎馬像は当初はこのゴダイヴァ時計に向き合うように
(南向きに)設置されていたが、1990年に90度方角が変えられ、
西を向くようになった。
In the tower of Broadgate House (city hall)
to the south of the equestrian statue,
Installed in 1953
There is a gimmick clock called Godiva Clock.
Lady Godiva, who straddled Hakuba, appeared
every hour on the hour.
It is a mechanism that Peeping Tom looks into
it from above.
The equestrian statue of Lady Godiva should
initially face this Godiva watch
It was installed (facing south), but in 1990 the
direction was changed by 90 degrees.
I started to look west.

ゴダイヴァ時計の詳細 ピーピング・トムが見下ろしている。
関連情報
欧米では、増税反対などの街頭抗議デモを行う際に、
ゴダイヴァ夫人の故事にならい、
スキンカラーのボディスーツをまとった女性が白馬にまたがり、
ねり歩くパフォーマンスを行うことがある。
SF作家ロバート・A・ハインラインは、
「効果的なパフォーマンス」「印象的な出来事」の例として、
ゴダイヴァ夫人の故事を頻繁に引用している。
ノースロップ・グラマンF-14トムキャット戦闘機の
偵察機バージョン(偵察ポッドを搭載)は、
ニックネームがピーピング・トムである。
クイーンの楽曲「ドント・ストップ・ミー・ナウ」の歌詞では、
競技用自動車について、
ゴダイヴァ夫人のように駆け抜けると表現されている。
Details of the Godiva clock Peeping Tom is looking down.
Related information
In Europe and the United States, when conducting street
protests such as opposition to tax increases,
Following the story of Lady Godiva,
A woman wearing a skin-colored bodysuit straddles a white horse,
May perform a roaming performance.
Sci-fi writer Robert A. Heinlein
As an example of "effective performance" and "impressive event"
Frequently quotes Lady Godiva's story.
Northrop Grumman F-14 Tomcat Fighter
The reconnaissance aircraft version (with a reconnaissance pod) is
Nickname is Peeping Tom.
In the lyrics of Queen's song "Don't Stop Me Now"
About competition cars
It is described as running through like Lady Godiva.
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
世界的スポーツウェアメーカー:ナイキ
Nike of Samothrake Louvre Ma2369 n4
キャプチャ.PNG
世界的なスポーツウェアメーカーの「ナイキ」は、
ギリシア神話に登場する勝利の女神であるニケに由来。
英語ではナイキと発音し、
そのまま女神の名前を引用したかたち。
社員の一人ジェフ・ジョンソンが夢でニケを見たことが由来という
素敵なエピソードがある。
また、ロゴマークはニケの翼をイメージして作られ、
勢いよく動くという意味からもスタイリッシュな形状に決まった。

勝利の女神ニケは、ギリシャ神話よりも、
その影響を受けたローマ神話の方が重要度の高い女神。
ローマ神話では、ウィクトーリアと呼ばれ、
数多くの寺院が彼女に捧げられ、
宝石、コイン、石像など数多くの作品が作られた。
信仰する人たちの変化によって、
位置づけが変わるケースは珍しくなく、ハーデスもその典型。
Nike, a global sportswear maker,
Derived from Nike, the goddess of victory in Greek mythology.
Pronounced Nike in English
The form that quoted the name of the goddess as it is.
It is said that one of the employees, Jeff Johnson,
had a dream and saw Nike.
There is a nice episode.
In addition, the logo mark is made in the image of Nike's wings,
It was decided to have a stylish shape because it moves vigorously.

Nike, the goddess of victory, is more than Greek mythology
The goddess whose influence is more important in Roman mythology.
In Roman mythology, it is called Victoria,
Numerous temples are dedicated to her,
Many works such as jewels, coins and stone statues were made.
Due to changes in those who believe
It is not uncommon for the position to change, and
Hades is a typical example.
キャプチャ.PNG
ニーケー(古希: Νίκη, Nīkē、古代ギリシャ語発音:[nǐːkɛː])は、
ギリシア神話に登場する勝利の女神。
日本語では長音を省略しニケと表記する場合もある。
ローマ神話ではウィクトーリア (Victōria) と同一視される。
ティーターン族の血族パラースとステュクス(冥界の河)の子。
兄弟は、ゼーロス(鼓舞)、クラトス(力)、ビアー(暴力)。
ティーターノマキアーには、
ステュクスの命によりオリュムポス側につき、
ゼウスに賞されたという。
Nike (Kouki: Νίκη, Nīkē, Ancient Greek pronunciation: [nǐːkɛː])
The goddess of victory in Greek mythology.
In Japanese, long vowels may be omitted and written as Nike.
In Roman mythology, it is equated with Victōria.
A child of the Titan bloodline Pallas and Styx (the river of the underworld).
The brothers are Zelus (inspiration), Kratos (power), and Beer (violence).
For Titanomachy,
At the behest of Styx, on the side of Olympos
It is said that he was awarded by Zeus.
一般には有翼の女性の姿で表される。
アテーナーの随神だが、アテーナーの化身とする場合もある。
しかし、ローマ神話のウィクトーリアは、マールスに付き従う。
アテーナイのパルテノン神殿の本尊であったアテーナー神像では、
右手の上に載せられていた。
サモトラーケー島で発掘された彫像「サモトラケのニケ」が有名。

英語ではナイキ(Nike、英語発音: [ˈnaɪki])と発音される。
スポーツ用品メーカー「ナイキ」の社名はこの女神に由来する。
トレードマークはこの女神の翼をイメージしたもの。

ニカの乱 - ニカ(勝て)はニケと同語源。
ニケ (小惑星)
Generally represented by a winged female.
Although it is the god of Athena, it may be an incarnation of Athena.
However, Victoria in Roman mythology follows Mars.
In the statue of Athena, which was the principal image of
the Parthenon in Athens,
It was placed on the right hand.
The statue "Nike of Samothrace" excavated on the island
of Samothrace is famous.

In English, it is pronounced Nike (English pronunciation: [ˈnaɪki]).
The company name of the sports equipment manufacturer
"Nike" comes from this goddess.
The trademark is an image of the wings of this goddess.

Nika riots-Nika (win) is the same etymology as Nike.
Nike (asteroid)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
世界的コーヒーチェーン:スターバックス
Draper-Ulysses and Sirens
キャプチャ.PNG
世界的コーヒーチェーンで有名な「スターバックス」は、
社名をハーマン・メルビルの小説「白鯨」に登場する
航海士スターバックとシアトル近くの
レーニア山にあったスターボ採掘場から取られた。
ロゴは、由来が別でギリシャ神話に登場する海の怪物である
「セイレーン」から取られている。
スターバックスのロゴは度々変わって、
徐々にセイレーンから人魚っぽい姿に変わっているように見える。

セイレーンは、上半身が女性で下半身が魚(初期は鳥)の姿で、
美しい歌声で航行中の人を惑わし遭難や難破に遭わせるという
迷惑極まりない怪物。
西洋の絵画、物語によく登場するポピュラーな怪物。
Starbucks, famous for its world-famous coffee chain,
Company name appears in Herman Melville's novel "Moby-Dick"
Officer Starback and near Seattle
Taken from the Starbo quarry on Mount Rainier.
The logo is a sea monster of different origin that
appears in Greek mythology.
Taken from "Siren".
The Starbucks logo changes often,
It seems that the Siren is gradually changing to a mermaid-like appearance.

In Siren, the upper body is a female and the lower body is a fish (initially a bird).
With a beautiful singing voice, it is said that people who
are sailing will be misled and will be in distress or wreckage.
An extremely annoying monster.
A popular monster that often appears in
Western paintings and stories.

キャプチャ.PNG
紀元前330年頃のセイレーン像。
アテネ国立考古学博物館所蔵。
Siren statue around 330 BC. Collection
of the National Archaeological Museum of Athens.

セイレーン(古希: Σειρήν, Seirḗn)は、
ギリシア神話に登場する海の怪物である。
複数形はセイレーネス(古希: Σειρῆνες, Seirênes)。
上半身が人間の女性で、
下半身は鳥の姿とされるが後世には魚の姿をしているとされた。
海の航路上の岩礁から美しい歌声で航行中の人を惑わし、
遭難や難破に遭わせる。
歌声に魅惑された挙句セイレーンに喰い殺された船人たちの骨は、
島に山をなしたという。

その名の語源は「紐で縛る」、「干上がる」という意味の
Seirazein ではないかという説が有力である。
長音符省略表記のセイレンでも知られるが、
長音記号付き表記も一般的である。
上記のギリシア語はラテン語化されて
シーレーン(Siren, 複数形シーレーネス Sirenes)となり、
そこから、英語サイレン(Siren)、
フランス語シレーヌ(Sirène)、
ドイツ語ジレーネ(Sirene)、
イタリア語シレーナ(Sirena)、
ロシア語シリェーナ(Сирена)といった各国語形が派生している。
英語では「妖婦」という意味にも使われている。
Siren (Kouki: Σειρήν, Seirḗn)
A sea monster that appears in Greek mythology.
The plural is Sirenes (Kouki: Σειρῆνες, Seirênes).
The upper body is a human female,
The lower half of the body is said to be a bird, but in
posterity it is said to be a fish.
A beautiful singing voice from a reef on the sea route
misleads a person sailing,
Distress or wreck.
The bones of the sailors who were killed by the Siren
after being fascinated by the singing voice
It is said that a mountain was formed on the island.

The etymology of the name means "tie with a string" or "dry up".
The theory that it may be Seirazein is influential.
Also known as the Siren, which is abbreviated as a long note,
Notation with a macron is also common.
The above Greek has been translated into Latin
Became Siren (plural Sirenes)
From there, the English Siren,
French Sirène,
German Sirene,
Italian Sirena,
Each country's form is derived, such as the Russian Siren (Сирена).
In English, it is also used to mean "witch".

概要
セイレーンは河の神アケローオスとムーサのメルポメネー、
テルプシコラー、
カリオペー、
あるいはカリュドーン王ポルターオーンの
娘ステロペーとの娘であり、2人、3人、4人、
あるいは5人姉妹であるとされている。

構成員には諸説あり、2人の場合はヒーメロペー
(古希: Ίμερόπη, Himeropê、「優しい声」の意)と
テルクシエペイア(古希: Θελξιεπεια, Thelxiepeia、「魅惑的な声」)。
3姉妹説ではアポロドーロスがペイシノエー
(古希: Πεισινοη, Peisinoê、「説得的」)・
アーグラオペーメー(古希: Aglaopêmê、「美しい声」)
・テルクシエペイアを挙げ、ガイウス・ユリウス・ヒュギーヌスもまた
『ギリシャ神話集』で、
テルクシエペイア
・モルペー(古希: Μολπη, Molpê、「歌」)
・ペイシノエーを挙げている。
Overview
Siren is the river god Achelous and Musa's Melpomene,
Terpsichore,
Calliope,
Or of Calydon King Porthaon
Daughter with daughter Sterope, 2, 3, 4,
Or it is said to be five sisters.

There are various theories about the members, and in
the case of two people, Hemeropee
(Koki: Ίμερόπη, Himeropê, meaning "gentle voice")
Telxiepeia (Kouki: Θελξιεπεια, Thelxiepeia, "Enchanted Voice").
In the three sister theory, Apollo Doros is Paisinoe
(Kouki: Πεισινοη, Peisinoê, "persuasive") ・
Aglaopêmê (Kouki: Aglaopêmê, "Beautiful Voice")
Gaius Julius Hyginus also mentioned Terxie Peia
In "Greek Myths", Telkusie Peia Morpe (Kouki: Μολπη, Molpê, "Song")
・ Payshinoe is mentioned.

あるいは
・レウコーシアー(古希: Λευκωσια, Leukôsia、「白」)
・リゲイア(古希: Λιγεια, Ligeia、「金切り声」)
・パルテノペー(英語版)(古希: Παρθενοπη, Parthenopê、「処女の声」)
からなるともいわれる。
4姉妹説では
・テレース(古希: Θελες, Telês)
・ライドネー(古希: Ραιδνη, Raidnê)
・テルクシオペー(古希: Θελξιόπη, Thelxiopê)
・モルペーで構成されている。

元はニュンペー(河の神)で、ペルセポネーに仕えていたが、
ペルセポネーがハーデースに誘拐された後に
ペルセポネーを探すために自ら願って鳥の翼を得た。
ほか、ヒュギーヌスでは誘拐を許したことをケレースに責められ、
鳥に変えられたとされる。
『オデュッセイア』エウスタティウス注では、
誘拐を悲しんで恋愛をしようとしなかったためアプロディーテーの怒りを買い、
鳥に変えられたとされる。
パウサニアスの『ギリシア案内記』ではヘーラーの要請でムーサと歌で競い合い、
勝負に負けてムーサの冠を作るために羽をむしり取られたとされる。
or
・ Leukôsia (Kouki: Λευκωσια, Leukôsia, "white")
・ Ligeia (Kouki: Λιγεια, Ligeia, "screaming")
・ Parthenope (English version)
(Kouki: Παρθενοπη, Parthenopê, "Virgin Voice")
It is also said to consist of.
4 In the sister theory
・ Terras (Kouki: Θελες, Telês)
・ Raidne (Kouki: Ραιδνη, Raidnê)
・ Telkusiope (Kouki: Θελξιόπη, Thelxiopê)
・ It is composed of Morpe.

Originally a nymph (the god of the river), he served
Persephone,
After Persephone was kidnapped by Hades
I prayed myself to find Persephone and got the wings of a bird.
In addition, in Hyginus, Ceres blamed him for allowing him to be kidnapped.
It is said that it was transformed into a bird.
In "Odyssey" Eustace Note,
Aphrodite's anger was bought because he was sad
about the kidnapping and did not try to have a romance.
It is said that it was transformed into a bird.
In Pausanias's "Greek Guide", at the request of Hera,
he competed with Musa in a song.
It is said that he lost the game and was stripped of
his wings to make a crown of Musa.

彼らの住む島については、
ホメーロスは魔女キルケーの住むアイアイエー島と、
プランクタイの岩礁あるいはカリュブディスと
スキュラの棲む海域の間にあると述べている。
またヘーシオドスはセイレーンたちはゼウスによって
アンテモエッサ島(英語版)(Ἀνθεμόεσσα, Anthemoessa)を
与えられたとし、島の名前についても言及しており、
ロドスのアポローニオスも『アルゴナウティカ』でそれを踏襲している]。
About the island they live on
Homer is the island of Aeaea, where the witch Circe lives,
With Planctae reefs or Charybdis
It states that it is located between the waters where Scylla lives.
Hesiod is also by Zeus for the Sirens.
Anthemoessa (English version) (Ἀνθεμόεσσα, Anthemoessa)
Given, it also mentions the name of the island,
Apollonius of Rhodes follows that in Argonautica.]

物語

ジョン・ウィリアム・ウォーターハウスの
1891年の作品『オデュッセウスとセイレーンたち』。
ヴィクトリア国立美術館所蔵。
セイレーンは、ホメーロスの『オデュッセイア』に登場する。
オデュッセウスの帰路の際、彼は歌を聞いて楽しみたいと思い、
船員には蜜蝋で耳栓をさせ、
自身をマストに縛り付け決して解かないよう船員に命じた。
歌が聞こえると、オデュッセウスはセイレーンのもとへ行こうと暴れたが
船員はますます強く彼を縛った。
船が遠ざかり歌が聞こえなくなると、
落ち着いた船員は初めて耳栓を外しオデュッセウスの縄を解いた。
story

John William Waterhouse
The 1891 work "Odysseus and the Sirens".
Collection of the National Gallery of Victoria.
Siren appears in Homer's "Odyssey".
On his way home from Odysseus, he wanted to hear and enjoy the song,
Have the sailors plug their ears with beeswax
He tied himself to the mast and ordered the sailors to never unravel.
When he heard the song, Odysseus went wild to go to the Siren.
The sailors tied him up more and more.
When the ship goes away and you can't hear the song,
The calm sailor unplugged his earplugs for the first
time and untied Odysseus's rope.

ホメーロスはセイレーンのその後を語らないが、
ヒュギーヌスによれば、セイレーンが歌を聞かせて
生き残った人間が現れた時にはセイレーンは死ぬ運命となっていたため、
海に身を投げて自殺した。
死体は岩となり、岩礁の一部になったという。
『アルゴナウティカ』にも登場する。
イアーソーンらアルゴナウタイがセイレーンの岩礁に近づくと、
乗組員オルペウスがリラをかき鳴らして歌を打ち消すことができた。
しかしブーテースのみは歌に惹かれて海に飛び込み泳ぎ去ってしまった。
Homer doesn't talk about what happened after Siren,
According to Hyginus, Siren sings
Because the Siren was destined to die when
the surviving humans appeared,
He threw himself into the sea and committed suicide.
The corpse became a rock and became part of the reef.
It also appears in "Argonautica".
As Jason et al. Argonauts approach the reefs of the Sirens,
Crew Orpheus was able to strumming Lira to counteract the song.
However, only Butes was attracted to the song and
jumped into the sea and swam away.

中世以降の変化
中世以降は半人半鳥でなく、
人魚のような半人半魚の怪物として記述されている。
文献で確認できる鳥から魚への変化の
最初の例は7世紀から8世紀頃の『怪物の書』と言われている。
この変化が起きた理由として挙げられているものに、
言語上の類似による誤解がある。
ギリシア語では羽根と鱗は同じ πτερνγιον であり、
またラテン語も羽根 pennis と鱗 pinnis はよく似ている。
そこで下半身が羽根に覆われた姿から鱗に覆われた姿に
変化したのではないかと考えられる。
また北方の魚の尾を持つ妖精や怪物を呼ぶ際に
セイレーンの語が当てられたという説もある。
あるいは古代において海岸の陸地を目印に航海していたのに対し、
中世に羅針盤が発明されて沖合を遠くまで
航海できるようになったことから、
セイレーンのイメージが海岸の岩場の鳥から大海の魚へと
変化したためではないかと考えられている。
この頃には、海でセイレーンに会ったという
記述が旅行記に記されるようになる]。
Changes since the Middle Ages
Since the Middle Ages, it has not been a half-human half-bird,
Described as a half-mermaid-like half-mermaid monster.
Changes from birds to fish that can be seen in the literature
The first example is said to be the "Liber
Monstrorum" from the 7th to 8th centuries.
The reason why this change happened is
There is a misunderstanding due to linguistic similarities.
In Greek, feathers and scales are the same πτερνγιον,
Also, in Latin, feather pennis and scale pinnis are very similar.
So the lower half of the body was covered with feathers,
but it was covered with scales.
It seems that it has changed.
Also when calling a fairy or monster with a northern fish tail
There is also a theory that the word Siren was applied.
Or while sailing on the coastal land as a landmark
in ancient times,
The compass was invented in the Middle Ages and
traveled far offshore
Now that you can sail
The image of the siren is from rocky birds on the
coast to fish in the ocean
It is believed that it may have changed.
By this time, he met Siren at sea.
The description will be written in the travel journal].

ゲーテの『ファウスト』などに登場し、
怪物としての性格が強まった。後世には、
人魚や水の精などとも表現されるようになり、
西洋絵画においてはとりわけ世紀末芸術で好まれる画題となった。
セイレーンを描いた図像には、
二又に分かれた鰭を備えた魚の下半身
となっているものがしばしばみられる。
20世紀のフランスの美術史家
ユルギス・バルトルシャイティス(英語版)によれば、
セイレーンのこうした図像の構図は古代のアジアで既にみられており、
アジア起源の構図がヨーロッパに伝えられて
さまざまな図像で用いられたという。
Appeared in Goethe's "Faust" etc.
The character as a monster has become stronger. In posterity
It came to be expressed as mermaids and water spirits,
In Western painting, it became a favorite subject
especially in the end of the century art.
The iconography depicting the siren
Lower body of fish with bifurcated fins
Is often seen.
20th century French art historian
According to Jurgis Baltschitis
The composition of these iconographic images of
the Sirens has already been seen in ancient Asia,
The composition of Asian origin was transmitted to Europe
It is said that it was used in various iconography.

西洋絵画
西洋絵画ではセイレーンはしばしば描かれてきたが、
特にラファエル前派以降のイギリスの画家たちが男たちを
誘惑する甘美なセイレーンの姿を描いている。
フランス象徴主義の画家ギュスターヴ・モローも
『セイレーンたち』(1882年)、
『詩人とセイレーン』(1893年)と言った作品を描いたが、
ギュスターヴ=アドルフ・モッサは『飽食のセイレーン』(1905年)で
むしろ人を殺す残酷な一面を描いている。
そのほか、パウル・クレーの『セイレーンの卵』(1937年)、
ポール・デルヴォーの『セイレーンたちの村』(1942年)、
『偉大なるセイレーンたち』(1947年)、
パブロ・ピカソの『オデュッセウスとセイレーンたち』(1947年)
といった作品がある。
Western painting
Sirens have often been depicted in Western painting,
Especially the British painters after the Pre-Raphaelite Brotherhood
It depicts a luscious siren that seduces.
French symbolist painter Gustave Moreau
"Sirens" (1882),
I drew a work called "Poet and Siren" (1893),
Gustav-Adolf Mossa in "Siren of Satiety" (1905)
Rather, it depicts the cruel side of killing people.
In addition, Paul Klee's "Siren's Egg" (1937),
Paul Delvaux's Village of the Sirens (1942),
"The Great Sirens" (1947),
Pablo Picasso's "Odysseus and the Sirens" (1947)
There are works such as.
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日本が誇るゲームメーカー:エニックス
Phoenix-Fabelwesen
キャプチャ.PNG
黎明期に米国で開発された電子計算機
Computer developed in the United
States in the early days
キャプチャ.PNG
現在のスクエア・エニックス、
合併前は「エニックス」として
ドラゴンクエストシリーズをはじめ
様々な名作を生み出したソフトハウス。
その由来は世界初の汎用デジタルコンピュータとされる
「ENIAC(エニアック)」と
ギリシャ神話に登場する不死鳥「PHOENIX(フェニックス)」を
組み合わせた造語と言われています。
フェニックスは死んでも蘇る不死身の鳥で、
不死鳥や火の鳥と言われる神話上の生物。
様々な作品に登場し、日本国内でも漫画やゲームなどかなり有名。
Current Square Enix,
Before the merger, as "Enix"
Including the Dragon Quest series
A soft house that produced various masterpieces.
Its origin is said to be the world's first general-purpose digital computer
With "ENIAC"
The phoenix "PHOENIX" that appears in Greek mythology
It is said to be a combination of coined words.
The phoenix is ​​an immortal bird that revives even if it dies.
A mythical creature called the phoenix or the phoenix.
Appeared in various works, and is quite famous in
Japan such as manga and games.

キャプチャ.PNG
キャプチャ.PNG
フランスの写本に描かれたフェニックス。

フェニックスまたはフェニクス(古代ギリシア語: φοῖνιξ(phoînix)、
(古: ポイニクス、中世: フィニクス)、
ラテン語、英語: phoenix(教会ラテン:フェニックス、英:フィーニクス))は、
死んでも蘇ることで永遠の時を生きるといわれる伝説上の鳥である。
寿命を迎えると、自ら薪から燃え上がる炎に飛び込んで死ぬが、
再び蘇るとされており、不死鳥、
もしくは見た目または伝承から火の鳥ともいわれる。

フェニックスとはラテン語での呼び方であり、
ギリシア語ではポイニクスと呼ばれる。
この名前は、ギリシア語の赤を意味する単語(赤はすなわち炎の色)
に由来するとも、同じく紫を意味する単語
(フェニックスの羽の色を紫色とする説がある)
に由来するともいわれている。
Phoenix depicted in a French manuscript.

Phoenix or Phoenix (Ancient Greek: φοῖνιξ (phoînix),
(Old: Phoenix, Middle Ages: Finix),
Latin, English: phoenix (Church Latin: Phoenix, English: Phoenix),
It is a legendary bird that is said to live in eternal
time by resurrection even if it dies.
At the end of its life, it jumps into the flames burning
from the firewood and dies,
It is said that it will be revived again, and the phoenix,
It is also called the Phoenix because of its appearance or folklore.

Phoenix is ​​the Latin name for it.
In Greek it is called Phoenix.
This name is the Greek word for red (red is the color of the flame)
A word that also means purple, even if it is derived from
(There is a theory that the color of Phoenix's feathers is purple)
It is also said to be derived from.

概要
キャプチャ.PNG
古代エジプトで描かれたベンヌ。

フェニックスは、古代エジプトの神話に登場する、
聖なる鳥ベンヌがその原型だと考えられている。
当時のエジプト人は、太陽神ラーに従うベンヌは
ヘリオポリスのラーの神殿で燃やされている炎へ毎夜飛び込んで死に、
毎朝その炎から生まれると信じていた。
ベンヌはすなわち、毎夕に沈み毎朝昇る太陽を象徴していた。
この話が、古代ギリシアの歴史家ヘロドトス
(紀元前485年頃 - 紀元前420年頃)の元に伝えられると、
彼はその著作『歴史』において、
エジプトの東方に位置するアラビアに住む鳥フェニックスとして紹介した。
そこでのフェニックスは、鷲に似た体型の、
金色と赤で彩られた羽毛を持つ鳥で、父親の鳥が死ぬと
その遺骸を雛鳥が没薬で出来た入れ物に入れて
ヘリオポリスに運ぶ習性があるとされた。
Overview

Benne painted in ancient Egypt.
Phoenix appears in ancient Egyptian mythology,
The holy bird Bennu is believed to be its prototype.
The Egyptians at that time, Benne who obeyed the sun god Ra
Dive into the flames burning in the temple of Ra in
Heliopolis every night and die
I believed that every morning I was born from the flame.
Benne symbolized the sun setting every evening and rising every morning.
This story is about Herodotus, an ancient Greek historian.
(Around 485 BC-around 420 BC)
He wrote in his book "History"
Introduced as a bird phoenix living in Arabia located in the east of Egypt.
The phoenix there has a body shape similar to an eagle,
A bird with feathers colored in gold and red, when the father's bird dies
Put the corpse in a container made of myrrh by chicks
It was said that he had a habit of carrying it to Heliopolis.

キャプチャ.PNG
コンスタンティウス2世の時代のコインにあしらわれたフェニックス。
Phoenix decorated with coins from the time of Constantius II.
キャプチャ.PNG
2世紀から3世紀頃に制作されたとみられるモザイク画のフェニックス。
Phoenix is ​​a mosaic painting that seems to have been
produced around the 2nd and 3rd centuries.

初期キリスト教の司教であった聖クレメンス(? - 101年?)が記したところでは、
フェニックスは寿命を迎えると、自分で香料や没薬などを集めて
棺を準備してその中に入り、間もなく死ぬと、
その遺骸から虫が生まれて遺骸を食べ尽くし、
やがて虫に羽毛が生えて飛んでいくとされた。
同様の記述はプリニウス(22年頃 - 79年)の『博物誌』にもすでにみられている。
なお、古代ローマの歴史家タキトゥス(55年頃 - 120年頃)の
『年代記(英語版)』によると、34年にフェニックスが現れたという。
フェニックスの伝承は、古代ギリシアや古代ローマの著述家によって
次第に変化していった。
ローマの地理学者メラ(英語版)は43年頃に、その著作『地誌』において、
フェニックスは500年たつと自分で積み上げた香料を薪として炎の中で死ぬが、
その炎から再び生まれてきて、
自分の遺骨をエジプトに運んで埋葬する旨を記した。
As the early Christian bishop St. Clements (? --101?) Wrote,
When Phoenix reaches the end of its life, it collects
fragrances and myrrh by itself.
I prepared a casket, went into it, and died shortly
afterwards.
Insects were born from the corpse and ate up the
corpse,
It was said that the insects would eventually grow
feathers and fly away.
A similar description can already be found in Pliny's
(circa 22-1979) Natural History.
In addition, the ancient Roman historian Tacitus
(around 1955-around 120)
According to the Chronicle, Phoenix appeared in 1934.
Phoenix folklore was written by ancient Greek
and Roman writers
It gradually changed.
The Roman geographer Mela (English version) wrote in his book "Chorography" around 1943.
After 500 years, Phoenix died in flames using
the fragrance he had accumulated as firewood.
Born again from that flame,
He wrote that he would carry his remains to
Egypt and bury them.

ローマの著述家ソリヌス(英語版)(3世紀)は、
フェニックスが住むのはアラビアだとし、
その羽毛や羽根の色合いの豪華さを記述している。
またソリヌスは、エジプトでフェニックスの1羽が捕まり、
クラウディウス皇帝時代のローマに運ばれて
多くの人が見物した旨を記述している。

2世紀から4世紀にかけて成立した『フィシオロゴス』でのフェニックスは、
500年ごとに、芳香を羽根いっぱいに持ってヘリオポリスの神官の元へ行き、
祭壇の炎の中で焼死する。
そして翌日その場所に生じた虫が、
3日目には元のフェニックスの姿にまで育ち、
神官に挨拶をしてから故郷へ飛んでいく、とされている。
その外観は、羽根や頭部や脚に宝石や装飾具が着いているとされている。
Roman writer Solinus (3rd century),
Phoenix lives in Arabia,
It describes the gorgeousness of the feathers
and the shades of the feathers.
In addition, Solinus was caught by one of the
phoenixes in Egypt.
Brought to Rome during the time of Emperor
Claudius
It describes that many people have seen it.

Phoenix in "Physiologus", which was established
from the 2nd century to the 4th century,
Every 500 years, I went to the priest of Heliopolis
with a full feather of fragrance,
Burned to death in the flames of the altar.
And the next day, the insects that arose in that place
On the third day, he grew up to be the original Phoenix,
It is said that he will fly to his hometown after greeting the priest.
Its appearance is said to be jewels and ornaments
on its wings, head and legs.

フェニックスの寿命については『フィシオロゴス』をはじめ
多くの人が500年だとしているが、
プリニウスやソリヌスは540年だとし、
タキトゥスは1461年だとした。
タキトゥスの意見は、恒星シリウスが日の出の
直前に昇る日とエジプトで新年の始まる
日とが同じになる周期に基づいている。
About the life of Phoenix, including "Physiologus"
Many say it's 500 years,
Pliny and Solinus said it was 540, and Tacitus said it was 1461.
Tacitus's opinion is that the star Sirius is at sunrise
It is based on a cycle in which the day just before
the rise and the day the New Year begins in Egypt are the same.

キャプチャ.PNG
『アバディーン動物寓意集(英語版)』の中に描かれたフェニックス。
Phoenix drawn in "Aberdeen Bestiary Collection (English version)".
キャプチャ.PNG
同じく『アバディーン動物寓意集』でのフェニックス。
Also Phoenix in "Aberdeen Bestiary Collection".

自ら焼死したのちに蘇るという伝説は、
エジプト神話をルーツとしながらも
ギリシア・ローマの著述家によって作られたものである。
しかし、ローマ帝国では繁栄の象徴となり、
フェニックスの姿がコインやモザイク画にあしらわれるようになった。
また、キリスト教徒にとっても、
死んだ後に復活するフェニックスはキリストの復活を象徴するものとなった。
『フィシオロゴス』では、創造主を崇めることもない
この鳥さえ死から蘇るならば神を崇める我々が復活しないはずがない、
といった内容の文言が書かれた。
キリスト教徒はこの鳥を再生のシンボルとみなした。
10世紀成立の『エクセター写本』に収録された、
8世紀に作られた詩「フェニックス(英語版)」の中では、
フェニックスの復活とキリストの復活とが関連づけられている。
こうしたこともあって、こんにちに至るまで、
不死鳥=フェニックスのイメージが多くの
人々に受け入れられている。
The legend that it revives after being burned to death
While rooted in Egyptian mythology
It was created by a Greek-Roman writer.
However, it became a symbol of prosperity in the Roman Empire.
The appearance of the phoenix is ​​now displayed on coins and mosaics.
Also for Christians
The phoenix, which is resurrected after death, has
become a symbol of the resurrection of Christ.
Physiologus does not worship the Creator
If even this bird is resurrected from death, we who
worship God cannot be resurrected,
The wording of the content was written.
Christians regarded this bird as a symbol of rebirth.
Recorded in the "Exeter Manuscript" established in the 10th century,
In the 8th century poem "Phoenix"
The resurrection of the phoenix is ​​associated with the
resurrection of Christ.
Because of this, until today
Many images of phoenix = phoenix
It is accepted by people.

フェニックスは中世や近世の旅行記にもたびたび登場している。
ジョン・マンデヴィルによる『マンデヴィルの旅行記』でも、
自らを焼死させて3日後に蘇ることや、
孔雀のような鶏冠を持ち、
姿を見た人に幸せをもたらすことなどが記録されている。
また中世の聖務日課祈祷書(英語版)や
『動物寓話集』でもしばしば言及された。
錬金術においては「賢者の石」を象徴するものだとされた。
すなわち、第一質料(マテリア・プリマ)が消失し
賢者の石として再生される様子がフェニックスになぞらえられた。
フェニックスの起源については、
アジアに生息する錦鶏鳥だとする説もある。
Phoenix often appears in medieval and early modern travel journals.
In John Mandeville's Travels in Mandeville,
Burning to death and resurrection 3 days later,
With a peacock-like comb,
It is recorded that it brings happiness to those who see it.
Also, the medieval daily routine prayer book (English version)
It was often mentioned in "Bestiary".
In alchemy, it was considered to be a symbol of the
"philosopher's stone."
That is, the first material (materia prima) disappears.
The appearance of being regenerated as a philosopher's
stone was likened to the phoenix.
For the origin of the phoenix,
There is also a theory that it is a golden pheasant bird that lives in Asia.

悪魔としてのフェニックスPhoenix as a devil
Question book-4.svg

ヨーハン・ヴァイヤーの著した『悪魔の偽王国』や、
作者不明のグリモワール『レメゲトン』の第1部「ゴエティア」には、
鳥のフェニックスのような姿で現れるという
フェニックスという名の悪魔が記載されている。
「ゴエティア」ではソロモン王が使役したといわれる
72悪魔の一角を担う序列37番の大いなる侯爵とされる。
アレイスター・クロウリーの出版した『ゴエティア』では
「Phenex(フェネクス)」 の綴りになっている。
不死鳥のフェニックスと区別して
悪魔のフェニックスを「フェネクス」と呼ぶ場合もある。
詩作に優れており、話す言葉も自然に詩になるが、
人間の姿を取った時は、耳を塞ぎたくなるほど聞き苦しい声で喋るという。
Johann Weyer's "Pseudomonarchia of the Devil" and
In the first part "Goetia" of the grimoire "Lemegeton" of unknown author,
It is said that it will appear like a bird's phoenix
A demon named Phoenix is ​​listed.
It is said that King Solomon was used in "Goetia".
72 It is said to be the great marquis of the rank 37, who plays a part of the devil.
In "Goetia" published by Aleister Crowley
It is spelled "Phenex".
Distinguish from the phoenix of the immortal bird
The devil's phoenix is ​​sometimes called "phenex".
It excels in poetry, and the spoken language naturally becomes poetry,
When he takes the form of a human, he speaks
in a voice that is hard to hear so that he wants to close his ears.

現代におけるフェニックス
Phoenix in modern times
キャプチャ.PNG
建物が火災保険に加入していることを示す標章
(Fire insurance mark) に描かれたフェニックス
Mark indicating that the building has fire insurance
(Fire insurance mark) phoenix
キャプチャ.PNG
復興祈願花火フェニックス(2011年8月撮影)
Reconstruction prayer fireworks phoenix (photographed in August 2011)

こんにちでもフェニックスの意匠は家屋の紋章、
特に火災保険に関連する建物の紋章にあしらわれている。
また、大災害などからの復興事業などに、
何度もよみがえる不死鳥にあやかって「フェニックス」
という名称をつけることがある。以下に日本での事例を挙げる。
新潟県長岡市の市章は「長」の字と不死鳥を併せたものを
図案化した形となっており、市内の多数の公共施設に
フェニックスの名称が取り入れられている。
これは、慶応4年の戊辰戦争(北越戦争)・
昭和20年の第二次世界大戦(長岡空襲)の二度の戦禍から
不撓不屈の精神で復興し、地方中核都市として限りなく
発展するという願いを込めたものである。
Even today, the Phoenix design is the coat of arms of the house,
Especially on the coat of arms of the building related to fire insurance.
Also, for reconstruction projects from major disasters, etc.
"Phoenix" in honor of the immortal bird that revives many times
May be named. The following is an example in Japan.
The city emblem of Nagaoka City, Niigata Prefecture,
is a combination of the character "Cho" and the phoenix.
It has a stylized form and is used in many public facilities in the city.
The name of Phoenix is ​​adopted.
This is the Boshin War (Battle of Hokuetsu) in the 4th year of Keio.
From the two wars of World War II (Nagaoka air raid) in 1945
Reconstructed with an indomitable spirit, endlessly as a regional core city
It is a wish to develop.

また近年では、平成16年の一年間に3度も発生した自然災害
(新潟県中越地震・7・13水害・豪雪)からの復興の願いを込めた
「復興祈願花火フェニックス」が毎年8月2日・3日に
開催される長岡まつりで打ち上げられている。
この花火は、噴火による被害を受けた三宅島や
東日本大震災の被災地である宮城県石巻市などでも打ち上げられた。
福井県福井市は、市民憲章の名前が「不死鳥のねがい」であり[、
コミュニケーションマークも不死鳥をかたどっている。
これは福井市が1945年(昭和20年)からの
3年間で3回壊滅(福井空襲・福井地震・九頭竜川の堤防の決壊)
したがそのたびに復興したことに基づいている。
In recent years, natural disasters that occurred three times in 2004
With a wish for recovery from (Niigata Chuetsu Earthquake, July
13, flood, heavy snowfall)
"Reconstruction Prayer Fireworks Phoenix" is held on August
2nd and 3rd every year.
It has been launched at the Nagaoka Festival to be held.
This firework is Miyakejima, which was damaged by the eruption.
It was also launched in Ishinomaki City, Miyagi Prefecture,
which is the area affected by the Great East Japan Earthquake.
In Fukui City, Fukui Prefecture, the name of the Citizen's
Charter is "Phoenix's Wish" [,
The communication mark also resembles a phoenix.
This is from 1945 (Showa 20) in Fukui City
Destroyed 3 times in 3 years (Fukui air raid, Fukui earthquake,
Kuzuryu River embankment collapse)
However, it is based on the reconstruction each time.

キャプチャ.PNG
海上自衛隊の哨戒ヘリコプター・
SH-60Jの機体に描かれたひゅうがのロゴマーク

1995年1月に阪神・淡路大震災で大被害を受けた兵庫県では、
1995年度からの「阪神・淡路震災復興計画」に
「ひょうごフェニックス計画」の愛称を冠すると同時に、
主人公の「火の鳥」がフェニックスと同一視されたという
設定の漫画『火の鳥』(手塚治虫作)をシンボルマークに採用している。
また、兵庫県の防災システムにも「フェニックス」の名が冠されている。
ほか、海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦ひゅうがは、
艦名の由来となった宮崎県における
県木フェニックス(カナリーヤシ)にちなみ、
不死鳥フェニックスをあしらった意匠を艦および
搭載ヘリコプターのエンブレムとして採用している。
Maritime Self-Defense Force patrol helicopter
Hyuga logo mark drawn on the SH-60J aircraft

In Hyogo prefecture, which was severely damaged
by the Great Hanshin-Awaji Earthquake in January 1995,
In the "Hanshin-Awaji Earthquake Reconstruction Plan" from 1995
At the same time as bearing the nickname of "Hyogo Phoenix Project"
It is said that the main character "Phoenix" was equated with Phoenix.
The manga "Phoenix" (written by Osamu Tezuka) is used as the symbol mark.
The disaster prevention system in Hyogo Prefecture also bears the name "Phoenix".
In addition, the Maritime Self-Defense Force's helicopter-equipped escort ship Hyuga
In Miyazaki Prefecture, where the ship's name came from
In connection with the prefectural tree phoenix (canary island date),
A ship with a design featuring the phoenix
It is used as an emblem for the onboard helicopter.
キャプチャ.PNG
フェニックスに類似した幻獣
中世アラビアでは炎の中に生きる伝説の動物サラマンダーと
フェニックスが混同され、
サラマンダーが鳥となったものがフェニックスだとされていたという]。
中国の伝説にある鳳凰はフェニックスに似た存在だと考えられ]、
混同されることも多い。
なお、星座のPhoenixがほうおう座と訳されるがこれは
東西で訳語的に対応するものという意味で、
誤認に基づいたものではない。
A phantom beast similar to the phoenix
With the legendary animal Salamander living in flames in medieval Arabia
Phoenix is ​​confused,
It is said that the phoenix was the one in which Salamander became a bird.]
The phoenix in Chinese legend is thought to be similar to the phoenix],
Often confused.
The constellation Phoenix is ​​translated as Phoenix, but this is
In the sense that it corresponds in translation in the east and west,
It is not based on misunderstanding.
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
世界的自動車メーカー:マツダ
Global Automaker: Mazda
Knight-Iran
キャプチャ.PNG
世界的な自動車メーカーである「マツダ」は、
創業者である松田重次郎の姓である「マツダ」と
ゾロアスター教の最高神「アフラ・マズダー」
にちなんで付けられたと言われている。
Mazda, a global automobile manufacturer,
With "Mazda", the surname of the founder Jujiro Matsuda
Zoroastrian Supreme God "Ahura Mazda"
It is said that it was named after.

キャプチャ.PNG
松田 重次郎
(まつだ じゅうじろう、1875年8月6日 - 1952年3月9日)は、
日本のエンジニア、実業家。
マツダの事実上の創業者として、
貨物自動車(トラック)の生産に従事した。
現広島東洋カープオーナー・松田元および、
元広島エフエム放送社長・松田弘の曽祖父にあたる。
Jujiro Matsuda
(Matsuda Jujiro, August 6, 1875-March 9, 1952),
Japanese engineer and businessman.
As the de facto founder of Mazda
Engaged in the production of freight cars (trucks).
Current Hiroshima Toyo Carp owner Hajime Matsuda and
Former Hiroshima FM Broadcasting President Hiroshi Matsuda's great-grandfather.

来歴・人物

東洋コルク工業社長に就任した頃の松田重次郎
1875年8月6日、12人兄弟の末っ子として
広島県安芸郡仁保島村向洋〈むかいなだ〉
(現在の広島市南区向洋)に生まれた。
14歳で大阪に出て、鍛冶屋での修行で機械の製作技術を習得した。
その後、呉や佐世保の海軍工廠などで造船技術者として勤務した。
1906年に発明された「松田式ポンプ」を製作・販売する
松田製作所(後の大阪機工、現・OKK)を開設した。
その後も大阪で鉄工所の経営にあたった。
長男の松田恒次が誕生したのは大阪時代である。
1921年、松田は故郷の広島に帰り、
前年の1920年に創業されていた東洋コルク工業株式会社の社長に就任した。
以後、同社の社長を30年にわたり務めた。
1927年には社名を東洋工業株式会社に変更した。
Provenance / Person

Jujiro Matsuda when he became president of Toyo Cork Industry
August 6, 1875, as the youngest of 12 siblings
Mukainada, Nihojima-mura, Aki-gun, Hiroshima Prefecture
Born in (currently Mukainada, Minami-ku, Hiroshima City).
At the age of 14, he moved to Osaka and learned how to
make machines by training at a blacksmith.
After that, he worked as a shipbuilding engineer at the
Navy Arsenals in Kure and Sasebo.
Manufactures and sells the "Matsuda pump" invented in 1906.
Matsuda Seisakusho (later Osaka Kiko, now OKK) was opened.
After that, he managed an ironworks in Osaka.
Tsuneji Matsuda, the eldest son, was born in the Osaka era.
In 1921, Matsuda returned to his hometown of Hiroshima.
He became the president of Toyo Cork Industry Co., Ltd.,
which was founded in 1920 the previous year.
Since then, he has served as the company's president for 30 years.
In 1927, the company name was changed to Toyo Kogyo Co., Ltd.

1931年、安芸郡府中村(現在の府中町)の工場で
三輪トラック(オート三輪)の生産を開始した。
松田はこの三輪トラックに自らの姓とゾロアスター教の神である
アフラ・マズダーの名前から取ったMAZDA号と命名し、
このブランド名が市場で定着した。
また、軍部から九九式短小銃の生産を請け負い、
松田は東洋工業の規模拡大に成功した。

1945年8月6日、広島市への原子爆弾投下により、
甚大な被害が発生したが松田は生き延びた。
(一方、市内上流川町にあった彼の邸宅を官舎として
借り上げていた大塚惟精と中国地方総監は被爆死した。)
東洋工業は多くの社員を失ったものの、
都心部の爆心地から5.3km離れた府中にあった
同社工場は大きな損害を免れた。
松田は府中工場の敷地内に用地を提供し、
広島県庁舎は全機関がこの敷地内で業務遂行を再開できた(1946年7月まで)。
また、NHK広島放送局も同社の敷地内で放送を再開した。
In 1931, at a factory in Fuchu-mura, Aki-gun (now Fuchu-cho)
Started production of three-wheeled trucks (automatic three-wheeled vehicles).
Matsuda is the god of his surname and Zoroastrianism on this three-wheeled truck.
Named MAZDA, taken from the name of Ahura Mazda,
This brand name has taken root in the market.
In addition, we undertook the production of the Type 99 rifle from the military.
Matsuda succeeded in expanding the scale of Toyo Kogyo.

On August 6, 1945, due to the dropping of an atomic bomb on Hiroshima City,
Matsuda survived despite the enormous damage.
(On the other hand, his residence in upstream
Kawamachi in the city was used as the official residence.
Korekiyo Otsuka and the Chugoku region
general manager who had been borrowed were killed in the bombing. )
Toyo Kogyo lost many employees,
It was in Fuchu, 5.3km away from the hypocenter in the city center.
The company's factory was spared major damage.
Matsuda provided the land on the premises of the Fuchu factory,
The Hiroshima Prefectural Government Building was able to
resume operations on this site (until July 1946).
The NHK Hiroshima Broadcasting Station has also resumed
broadcasting on the company's premises.

戦後、東洋工業は軍需品の生産を中止し、
原子爆弾の惨禍からの復興を目指す広島市の経済の牽引車となった。
松田は公職追放を免れ、引き続き東洋工業の社長として
民生用トラックなどの生産を続けた。
また1950年、プロ野球球団・広島カープが設立される際には、
広島県・広島市・他の広島県内の企業と共に東洋工業からも出資が行われた。
1951年12月、重次郎は長男の恒次に社長職を継承し、
自らは会長になった。
翌年の1952年3月9日、広島市内の自宅において76歳で死去した。
After the war, Toyo Kogyo stopped producing munitions and
It became the driving force of the economy of Hiroshima
City, which aims to recover from the devastation of the atomic bomb.
Matsuda escaped the purge of public office and continued to
be the president of Toyo Kogyo.
Continued production of consumer trucks.
Also, in 1950, when the professional baseball team Hiroshima
Carp was established,
Investment was also made by Toyo Kogyo along with companies
in Hiroshima Prefecture, Hiroshima City, and other Hiroshima prefectures.
In December 1951, Shigejiro succeeded to his eldest son, Tsuneji, as president.
He became chairman himself.
The following year, on March 9, 1952, he died at his home
in Hiroshima City at the age of 76.

重次郎の死後
恒次は父が築いた東洋工業の発展に尽力し、
東洋工業は乗用車部門でも大きくシェアを伸ばした。
1966年、重次郎の育った仁保島の南側が大規模に干拓され、
東洋工業の乗用車専門工場が完成した。
以降、東洋工業はトラック・乗用車双方を生産する
世界有数の総合自動車メーカーの地位を固めた。
特にロータリーエンジンの開発に世界で初めて成功した事は、
重次郎社長時代以来培った技術水準の高さの証明であった。
1970年に恒次が急死するとその息子、すなわち
重次郎の孫にあたる松田耕平が社長に就任した。
耕平は1973年に発生した石油危機へ強気の経営姿勢で臨んだが、
燃費の悪さからロータリーエンジン車が敬遠されたために
会社は大量の在庫を抱え、経営難に陥った。
After Shigejiro's death
Tsuneji contributed to the development of the
oriental industry that his father built.
Toyo Kogyo also gained a large market share
in the passenger car sector.
In 1966, the south side of Niho Island, where Shigejiro
grew up, was reclaimed on a large scale.
Toyo Kogyo's passenger car factory has been completed.
Since then, Toyo Kogyo will produce both trucks and
passenger cars.
It has solidified its position as one of the world's leading
comprehensive automobile manufacturers.
In particular, the world's first successful development of
a rotary engine was
It was a proof of the high level of technology cultivated
since the time of President Shigejiro.
When Tsuneji died suddenly in 1970, his son, that is,
Kohei Matsuda, the grandson of Shigejiro, became president.
Kohei faced the oil crisis that occurred in 1973 with a bullish
management stance,
Because rotary engine cars were shunned
due to poor fuel economy
The company had a large inventory and was in trouble.

東洋工業は1977年に住友銀行(現・三井住友銀行)からの
支援と役員派遣を受け入れ、
経営責任を取った耕平は社長を辞任して会長となった。
さらに1979年にはアメリカ合衆国の大手自動車メーカーである
フォード・モーターからの資本参加を受け、
翌1980年に耕平は会長を辞任して取締役相談役となった。
耕平は1994年に取締役からも退き、
取締役から松田家の名前が消えた。

しかし、耕平が去った後も技術者の多くは東洋工業に残り、
会社の伝統は引き継がれた。
重次郎が命名した従来のMAZDAブランドも存続し、
1975年にはロゴマークが「m」から現在の「Mazda」となった。
1984年には会社名そのものが東洋工業株式会社から
マツダ株式会社へと変更された。
また、1998年に耕平はマツダの名誉相談役となっている。
松田家の人物がマツダの取締役からいなくなり、
大株主名簿からも姿を消した現在でも、
マツダは重次郎を事実上の創業者として扱い、敬意を表している。
Toyo Kogyo was from Sumitomo Bank
(currently Sumitomo Mitsui Banking Corporation) in 1977.
Accepting support and dispatching officers,
Kohei, who took responsibility for management,
resigned from the president and became chairman.
Furthermore, in 1979, it was a major automobile
manufacturer in the United States.
With capital participation from Ford Motor
The following year, in 1980, Kohei resigned as
chairman and became a director and advisor.
Kohei retired from the board in 1994 and
The name of the Matsuda family disappeared from
the board of directors.

However, even after Kohei left, many of the engineers
remained in Toyo Kogyo, and
The tradition of the company has been carried over.
The traditional MAZDA brand named by
Shigejiro will continue to exist,
In 1975, the logo mark changed from "m" to the current "Mazda".
In 1984, the company name itself was
changed from Toyo Kogyo Co., Ltd.
It was changed to Mazda Motor Corporation.
In 1998, Kohei became Mazda's Honorary Advisor.
The Matsuda family disappeared from
Mazda's board of directors
Even now that it has disappeared from the major shareholder list
Mazda treats Shigejiro as a de facto founder and pays homage to him.

ただし、松田家は現在でも広島県内のマツダディーラー
(広島マツダ、アンフィニ広島)の経営に関与しており、
マツダとは一定の関係を保っている。

補記
現在、広島市南区の比治山公園には圓鍔勝三が製作した
松田のブロンズ像が展示されている。
碑の銘文には、同じ広島出身の池田勇人元内閣総理大臣が
生前に記した物を利用している。
However, the Matsuda family is still a Mazda dealer in Hiroshima prefecture.
Involved in the management of (Hiroshima Mazda, Amphini Hiroshima),
It maintains a certain relationship with Mazda.

Supplement
Currently, Katsuzou Entsuba made it in Hijiyama Park in Minami-ku, Hiroshima City.
A bronze statue of Matsuda is on display.
The inscription on the inscription is written by Hayato
Ikeda, the former Prime Minister of Japan, who is also from Hiroshima.
I am using the one I wrote before I was alive.

キャプチャ.PNG
アフラマズダー神(右)から
王権の象徴を授与されるアルダシール1世(左)
のレリーフ(ナクシェ・ロスタム)

アフラ・マズダー (Ahura Mazdā) は、ゾロアスター教の最高神である。
宗教画などでは、有翼光輪を背景にした王者の姿で表される。
その名は「智恵ある神」を意味し、
善と悪とを峻別する正義と法の神であり、最高神とされる。
娘は女神アールマティ。
アフラは天空、マズダーは光を指す言葉であり、
アフラ・マズダーは太陽神ともされる。
From Ahura Mazda God (right)
Ardashir I (left) awarded the symbol of royal authority
Relief (Naqsh-e Rostam)

Ahura Mazdā is the supreme deity of Zoroastrianism.
In religious paintings, it is represented by the figure of
a king with a winged halo in the background.
Its name means "God with wisdom"
It is the god of justice and law that distinguishes good
from evil, and is regarded as the supreme god.
My daughter is the goddess Armaiti.
Ahura is the sky, Mazda is the word for light,
Ahura Mazda is also known as the sun god.

ゾロアスター教の神学では、この世界の歴史は、
善神スプンタ・マンユと悪神アンラ・マンユらとの
戦いの歴史そのものであるとされる。
そして、世界の終末の日に最後の審判を下し、
善なるものと悪しきものを再び分離するのが
アフラ・マズダーの役目である。
その意味では、彼は善悪の対立を超越して
両者を裁く絶対の存在とも言える。
ゼーリジュ、ニーラフ、ナーンギーシュ、
タルマド、ヘシュム、セビーフ、ビーサジュの
七悪魔をアフラ・マズダーは7つの光で包囲し、
カイヴァーン(土星)、オフルマズド(木星)、
バフラーム(火星)、シェード(太陽)、ナーヒード(金星)、
ティール(水星)、マーフ(月)という名を
それぞれに与え「七曜神」とした。
これにより天圏が回転し、
月と星辰が出没しだしたとされる(月と星の創造)。
In Zoroastrian theology, the history of this world is
With the good god Spunta Manyu and the evil god Ahriman
It is said to be the history of battle itself.
And on the last days of the world, he made the Last Judgment,
Separating the good and the bad again
It is the role of Ahura Mazda.
In that sense, he transcends the conflict between good and evil.
It can be said that it is an absolute existence that judges both.
Seeriju, Nirafu, Nangish,
Talmad, Heshum, Sebeef, Beesaju
Ahura Mazda surrounds the Seven Devil with seven lights,
Kaivan (Saturn), Offrumazd (Jupiter),
Bahram (Mars), Shade (Sun), Naheed (Venus),
The names Tyr (Mercury) and Murf (Moon)
It was given to each of them as "Seven days of the week".
This causes the heavens to rotate,
It is said that the moon and stars have begun to
appear (creation of the moon and stars).

中世以降の教義では、パフラヴィー語形の
オフルマズド (Ohrmazd)と呼ばれ、
アムシャ・スプンタの筆頭スプンタ・マンユと同一視される。
この場合、古典的な教義に於けるアフラ・マズダーの役割
(善神と悪神の対立の上にある絶対者)はズルワーンが担う。
アフラ・マズダーは
「光輝き、純粋で、甘く香り、善を成す」という属性を持つ。
In post-medieval doctrine, the Pahlavi form
Called Ohrmazd,
It is equated with Amesha Spenta's lead Spenta Manyu.
In this case, the role of Ahura Mazda in classical doctrine
(Absolute on the conflict between good and evil gods) is borne by Zurvan.
Ahura Mazda
It has the attributes of "shining, pure, sweet scent, and doing good."

起源
起源的には、インド・イラン共通時代の神話に登場する
最高神であるヴァルナである。
ザラスシュトラの宗教改革によって教理的意味づけがなされ、
宇宙の理法の体現者にまで高められたのがアフラ・マズダーである。
アフラとアスラ(阿修羅)は語源的に同一である。
善神であるアフラ・マズダーと対立するダエーワの語源は、
インドに於いてアスラと敵対するデーヴァである。
古代のイラン・インドの神話共有時代における始源神である
ヴァルナは契約の神ミトラとならぶ最高神でもある。
origin
Originally, it appears in the myths of the Indo-Iranian common era.
Varna is the highest god.
The religious reform of Zoroaster gave a doctrine meaning,
It was Ahura Mazda who was raised to the embodiment of the law of the universe.
Afra and Asura (Ashura) are etymologically the same.
The etymology of Daeva, which confronts the good god Ahura Mazda, is
Deva is hostile to Asura in India.
The primordial god of ancient Iran and India in the mythological sharing era
Varna is also the supreme deity along with the covenant god Mitra.
ミトラとともに太古のアスラ族、アーディティヤ神群を代表した。
またヒンズー教の太陽神あるいはアスラ王であるヴィローチャナから、
火・太陽の属性を受け継いでいるとする説もある。
ゾロアスター教は火を聖なるものとしており、
火の属性を持つアフラ・マズダーもまた「聖なるもの」である。
真言密教の大日如来も、起源をヴィローチャナとする説があり、
アフラ・マズダーが大日如来の形成に大きく影響していると言われる事もある。
逸話
かつてのゼネラル・エレクトリックの電球のブランドだった
マツダランプ(日本では提携先の東芝の製品が名乗った)、
自動車メーカーのマツダの綴り「Mazda」はここから取ったといわれている。
Along with Mitra, he represented the ancient Asura and Adityas gods.
Also from Virochana, the Hindu sun god or King Asura.
There is also a theory that it inherits the attributes of fire and the sun.
Zoroastrianism sanctifies fire and
Ahura Mazda, who has the attribute of fire, is also a "holy thing."
There is a theory that the origin of Shingon Esoteric Buddhism is Virochana.
It is sometimes said that Ahura Mazda has a great influence
on the formation of Dainichi Nyorai.
Anecdote
Formerly a brand of General Electric light bulbs
Mazda Lamp (in Japan, the product of our partner Toshiba was named),
It is said that the spelling "Mazda" of the automobile
manufacturer Mazda was taken from here.

この記事へのコメント